1. ホーム
  2. ジョブ
  3. すっぴん

すっぴん

ジョブ概要

入手場所

  • 初めからある

ジョブの特徴

ジョブ特性 すべての武器・防具を装備可能
オリジナルコマンド -
装備できる武器 短剣忍者刀騎士剣ハンマーロッド弓矢竪琴その他の武器
装備できる防具 帽子魔法帽子軽装鎧ローブ

ステータス

素早さ 体力 魔力
24 24 24 24

その他の特徴

  • アビリティを2つまで付けることができる。
  • マスターしたジョブの能力値とジョブ特性を引き継ぐ(詳細はこちら)。

すっぴんマスターとは?

すっぴんにはジョブレベルがないため、マスターという概念も通常はありませんが、他のジョブをすべてマスターすればすっぴんもマスターしたことになり、ジョブモデルの上に☆☆☆が付きます。GBA/スマホ版では、予言士、砲撃士、剣闘士、ネクロマンサーも含めた25種類のジョブをすべてマスターする必要があります。

アビリティ

  • なし

使いどころ

ゲームを始めたばかりの段階では特性がほとんどなく、能力値も全体的に低いので役には立ちません。しかし、他のジョブをマスターすることでそのジョブ特性や能力値を引き継いでいき、最終的には他のジョブとは比較にならないほどの最強のジョブになります。2つあるアビリティ枠も最大限に活用し、最強のキャラクターを作り上げましょう。

二刀流の「みだれうち」で最強の物理攻撃

忍者をマスターすれば「二刀流」がジョブ特性として引き継がれ、アビリティを使わなくても武器を2つ装備できます。この状態で「みだれうち」を使えば8回攻撃になり、最強の物理攻撃が可能です。モンクをマスターしていれば力も50以上になり、1回あたりの威力も非常に大きくなります。「みだれうち」の代わりに「ぜんぎり」を使って、ザコキャラ全体を一撃で葬り去るのもよいでしょう。

クイックと合わせて16回攻撃

「時空」アビリティを付けてクイックを使えるようにすれば、2回攻撃の二刀流+「みだれうち」で計16回の攻撃が可能です。さすがにザコキャラ戦でこの戦法が必要な場面はないと思われますが、ボス戦では究極の手段になり得ます。神竜も飛竜の槍で16回突けば1人で倒せます。

魔法剣で8回攻撃

「魔法剣」と「みだれうち」を組み合わせれば、二刀流で8回攻撃の魔法剣が使えます。この戦法は通常の攻撃ではダメージを与えにくいオメガオメガ 改戦で特に有効で、弱点属性を突いて4倍の威力+8回攻撃ならば絶大なダメージを与えることができます。

メテオ5連発も可能

「時空」と「連続魔」のアビリティを付ければ、メテオを5連続魔法で使うことができます。より強力な魔法を使いたい場合はものまね師のバハムート5連発がおすすめですが、攻撃・魔法ともにバランス良く強化したい場合はおすすめです。

それでも白魔法は外せない?

他のジョブから引き継いだジョブ特性と能力値によってすさまじい強さを見せるすっぴんですが、回復の手段はデフォルトの状態ではまったく用意されていません。全員すっぴんにする場合でも最低1人は「白魔法」アビリティを付けて回復魔法を使えるようにしておきましょう。

能力値を最強にして中盤から活躍させる

シナリオの途中からすっぴんを活躍させたい場合は、モンクシーフ召喚士をマスターするのがおすすめです。この3つの能力値が引き継がれれば、すっぴんの能力値はほぼ最強になるからです。厳密には召喚士よりも予言士の方が魔力が高いのですが、入手時期から考えると前述の3つのジョブで十分でしょう。シーフをマスターしていることによって「ダッシュ」アビリティも不要になり、シナリオ後半からこのすっぴんを使っていけばバトルを楽に進められます。ただし、すっぴんでは入手したABPは無駄になってしまうため、後々のジョブ育成のことも考えるとおすすめはできません。