1. ホーム
  2. ジョブ
  3. シーフ

シーフ

ジョブ概要

入手場所

ジョブの特徴

ジョブ特性 ダッシュ隠し通路警戒
オリジナルコマンド ぬすむ
装備できる武器 短剣その他の武器
装備できる防具 帽子軽装鎧

ステータス

素早さ 体力 魔力
25 40 26 18

アビリティ

レベル アビリティ名 概要 能力補正 ABP
1 隠し通路 隠し通路が見えるようになる - 10
2 とんずら 確実に逃げられる - 20
3 ダッシュ 移動スピードが2倍になる - 30
4 ぬすむ 敵からアイテムを盗む - 50
5 警戒 バックアタックを防ぐ - 75
6 ぶんどる 攻撃しながらアイテムを盗む - 150
7 ちょこまかうごく 素早さがシーフと同じになる 素早さ:40 300

アビリティ詳細

隠し通路
町や城、ダンジョンなどにある隠し通路が見えるようになります。隠し通路の先は単なるショートカットの場合もありますが、多くの場合は宝箱があります。宝箱回収率100%を目指すのであれば、このアビリティを使ってマップのすみずみまで動き回りましょう。パーティで1人でも付けている仲間がいれば効果があります。
とんずら
バトルから即座に逃げることができます。ただし、「逃げられない!」と表示されるバトルから逃げることはできません。ブレイブブレイドの攻撃力を下げたくない場合は使用するわけにはいきませんが、制限時間イベント中にエンカウントするモンスターから逃げたい時に役立ちます。無駄なバトルを避けたい場合に使用しましょう。忍者の「煙玉」アビリティもまったく同じ効果があります。
ダッシュ
移動中のスピードが2倍になるアビリティ。スマホ版ではワールドマップの移動スピードも速くなります。ゲームを快適に進めるために不可欠ともいえるアビリティなので、早めに習得して他のジョブでも付けられるようにしておきましょう。特に制限時間イベントで役立ちます。パーティで1人でも付けている仲間がいれば効果があります。
ぬすむ
モンスターが持っているアイテムを盗むことができます。成功率は40%ですが、盗賊の小手を装備していれば80%に上がります。盗むことでしか入手できないアイテムも多く、シーフにとって最も重要なアビリティと言えます。
警戒
通常のバトルでバックアタックに見舞われることがなくなります。不慮のピンチを避けたい場合は付けておくとよいでしょう。パーティで1人でも付けている仲間がいれば効果があります。
ぶんどる
「たたかう」と「ぬすむ」を同時に行うことができます。盗める確率も同じ40%で、盗賊の小手を装備していれば80%になります。便利なコマンドですが、アイテムを盗めないまま倒してしまうことも多いため、確実に盗みたいのであれば「ぬすむ」を使った方がよいでしょう。
ちょこまかうごく
他のジョブでもシーフと同じ素早さになれるアビリティ。ATBゲージが上がりやすくなり、早く行動できるようになります。アクセサリーのエルメスの靴の方が効果が高いため、それが人数分そろっていれば、このアビリティを付ける必要はないでしょう。

使いどころ

攻撃力はあまり高くなく、かといって魔法が使えるわけでもないシーフですが、移動中のジョブ特性が3つもあり、バトルでもアイテムを盗めたりと、細かいところで活躍してくれます。特に「ダッシュ」はゲームをプレイする上でサクサク感があり、必ず1人は付けておきたいものです。パーティに1人シーフがいるだけで、ダッシュ、隠し通路発見、バックアタック防止という3つのメリットを得ることができます。バトルでは基本的に後列に下げておくのがおすすめです。

「ぬすむ」の補助をする装備品

アビリティ詳細でも触れている通り、「ぬすむ」はシーフの醍醐味と言えるアビリティです。効率よく盗むためにも盗賊の小手を確実に装備しておきましょう。また、特にアイテムを狙わなくても攻撃時に「ぶんどる」を発動してくれる盗賊のナイフも便利な武器です。

リターンを使えばレアアイテムも遠くない

モンスターから盗めるアイテムは、通常確率とレア確率に設定された2種類があり、レア確率のアイテムはなかなか盗むことができません。いずれか一方のアイテムを盗んでしまうと、そのモンスターは「何も持っていない!」状態になり、もう一方のアイテムは盗めなくなります。そこで役立つのが時空魔法のリターンです。この魔法を使えばバトル開始時まで時間を戻すことができるため、再びチャレンジすることができます。また、クイックを使えば2回続けて「ぬすむ」を行えるようになります。序盤ならば行動回数を増やせるヘイストも便利な助けになるでしょう。

攻撃にも使えることがある

シーフを攻撃要員として使う場合は、後列からでも威力が下がらない円月輪ライジングサンがおすすめです。盾や兜を装備できないシーフは、モンクと同様に防御が甘くなりがちのため、後列から攻撃できる武器は重宝します。もし危険を承知で前列に出す場合は、モンクの「かくとう」アビリティを付けて素手で攻撃しましょう。