1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 黒魔道士

黒魔道士

ジョブ概要

入手場所

ジョブの特徴

ジョブ特性 -
オリジナルコマンド 黒魔法
装備できる武器 短剣ロッド
装備できる防具 魔法帽子ローブ

ステータス

素早さ 体力 魔力
15 24 22 55

アビリティ

レベル アビリティ名 概要 能力補正 ABP
1 黒魔法LV1 レベル1までの黒魔法を使える 魔力:40 10
2 黒魔法LV2 レベル2までの黒魔法を使える 魔力:43 20
3 黒魔法LV3 レベル3までの黒魔法を使える 魔力:46 30
4 黒魔法LV4 レベル4までの黒魔法を使える 魔力:49 50
5 黒魔法LV5 レベル5までの黒魔法を使える 魔力:52 70
6 黒魔法LV6 レベル6までの黒魔法を使える 魔力:55 100
7 MP30%アップ 最大MPが30%上がる - 450

アビリティ詳細

黒魔法LV1~6
対応するレベル以内の黒魔法が使えるようになります。魔力も補正されるため、戦士系のジョブでもある程度の威力で黒魔法を使えます。各属性の付いた魔法攻撃ができますが、魔法攻撃の手段には召喚魔法もあるため、黒魔法の需要は白魔法ほど高くありません。他のジョブに付けて使う必要性も少ないでしょう。
MP30%アップ
貴重なMPの最大値を30%も上げてくれるアビリティ。白魔道士の10%アップと比べてもかなりの上昇率のため、すっぴんやものまね師に複数付ければ飛躍的にMPを増やすことができます。ただ必要なABPが多いため、これを習得するために黒魔道士をマスターする必要があるかどうかは疑問です。特にMPの必要性を感じなければ、他のジョブを優先的に育てましょう。

使いどころ

攻撃魔法や状態異常にする魔法を得意とする黒魔道士は、やはり他の魔道士系ジョブと同様に後列に下げておくのが基本です。攻撃魔法は属性が付いているものが多く、敵の弱点を突きやすいのも大きなメリット。さらに属性の付いた魔法は同じ属性のロッド(ファイラならば炎のロッドなど)を装備することで、威力を増大させることが可能です。なお、黒魔道士は白魔道士よりも力は弱いものの、短剣を装備できるので、メイジマッシャーやアサシンダガーなどを装備して追加効果を狙うこともできます。

特殊効果のあるロッドで属性強化

カルナックの町まで進めば、ファイラ、ブリザラ、サンダラといった上位魔法が購入できる上に、武器屋で3属性のロッド(炎のロッド、氷のロッド、雷のロッド)を購入できます。これらをすべて購入し、出現した敵の弱点に合わせて装備すれば、魔法の属性を最大限に活かして攻撃できます。また、第3世界の封印城クーザーで入手できるウィザードロッドは水以外の全属性を強化することができる便利なロッドです。これによりファイガ、ブリザガ、サンダガ、バイオの威力をすべて高めることができます。

「連続魔」で強力な魔法を連発

赤魔道士をマスターすると習得できる「連続魔」アビリティは、回復魔法でも役立ちますが、やはり攻撃魔法を連続で使ってボス級の敵に大ダメージを与える使い方が主流でしょう。黒魔法のフレアなどを「連続魔」で使えば抜群の破壊力になります。

MP回復には「竜剣」が便利

黒魔法にはMPを吸収するアスピルがありますが、これは蜃気楼の町に着くまで習得できません。MP回復に便利なのは竜騎士が比較的早期に習得できる「竜剣」です。この技は後列からでも威力が下がらないため、黒魔道士でも安全にMPを吸収することができます。もちろんアスピルを習得した後はそれを使ってMPを回復するのがよいでしょう。