1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 時魔道士

時魔道士

ジョブ概要

入手場所

ジョブの特徴

ジョブ特性 -
オリジナルコマンド 時空
装備できる武器 短剣ロッド
装備できる防具 魔法帽子ローブ

ステータス

素早さ 体力 魔力
19 26 21 48

アビリティ

レベル アビリティ名 概要 能力補正 ABP
1 時空LV1 レベル1までの時空魔法を使える 魔力:38 10
2 時空LV2 レベル2までの時空魔法を使える 魔力:40 20
3 時空LV3 レベル3までの時空魔法を使える 魔力:42 30
4 時空LV4 レベル4までの時空魔法を使える 魔力:44 50
5 時空LV5 レベル5までの時空魔法を使える 魔力:46 70
6 時空LV6 レベル6までの時空魔法を使える 魔力:48 100
7 ロッド装備 ロッド、杖を装備できる - 250

アビリティ詳細

時空LV1~6
対応するレベル以内の時空魔法が使えるようになります。魔力も補正されますが、時空魔法の効果は魔力によらないものが多いので、あまり意味はありません。時空魔法の中で特に有用性が高いのは、味方の行動回数を増やせるヘイストと、敵の動きを止めるスロウです。時空LV2まで習得すればどちらも使えるようになるので、このアビリティを白魔道士に付けておけば、シナリオ中盤くらいまでは回復と補助はバッチリと言えるでしょう。テレポは必要な時だけ時魔道士にジョブチェンジして使えばよいでしょう。
ロッド装備
ロッド、杖を装備できないジョブでもそれらを装備できるようになります。魔道士系意外のジョブに攻撃力の弱いロッドや杖を装備させる理由は見当たらないため、このアビリティの意味はほとんどありません。ジョブレベルを6まで上げたら他のジョブを優先して育てましょう。

使いどころ

多くの補助魔法を使える時魔道士は、ヘイストで仲間の行動回数を増やし、レビテトで強力な地震攻撃を無効にするなど、強敵と戦う時に大きな助けになります。ボス戦で時魔道士を入れておけば有利になるでしょう。一方、攻撃魔法が少ないため、通常のザコキャラ戦では手持ち無沙汰になりがちです。ボス戦の時だけ時魔道士にジョブチェンジするのも一案ですが、普段から時魔道士を使っていきたい場合は、アビリティや装備で攻撃方法を増やしましょう。

魔法アビリティで使える魔法を増やす

「白魔法」「黒魔法」「召喚」「白黒魔」「青魔法」などのアビリティを使い、他の魔法も使えるようにすれば、ザコキャラ戦でも大いに活躍できます。魔力が高いので、時空魔法以外の魔法でも十分な威力を発揮できます。レベル3までの白魔法と黒魔法を両方使える「白黒魔」も便利です。

武器の追加効果を活用する

力の弱い時魔道士は物理攻撃には向きませんが、武器の追加効果を狙ってみるとよいでしょう。メイジマッシャー(サイレス)、盗賊のナイフ(ぶんどる)、アサシンダガー(デス)などを装備すれば、敵を攻撃したときに追加効果が発動することがあります。もともとダメージ量には期待できないため、これらで攻撃する場合も常に後列に下げておきましょう。

攻撃魔法を覚えたらザコキャラ戦でも使っていく

時空魔法の中で攻撃に使えるのは、ルゴルの村などで購入できるコメットと、大海溝をクリアしたときに習得できるメテオです。コメットは単体にしか使えないのが難点ですが、リフレクに反射されずに強力なダメージを与えることができます。HPの高い敵が出現したときに使うとよいでしょう。メテオは消費MPが大きいものの、4連続攻撃の威力は絶大です。これらの攻撃魔法を習得したら、時魔道士も攻撃要員として十分使っていくことができます。

「連続魔」でメテオ5連発

シナリオが終盤まで進んだら、「連続魔」アビリティを付けてクイックと併用すれば、メテオを5連続魔法で使用可能になります。このテクニックは非常に強大なダメージを与えることができるため、ボス戦が難航している場合はおすすめです。