1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 魔獣使い

魔獣使い

ジョブ概要

入手場所

ジョブの特徴

ジョブ特性 -
オリジナルコマンド とらえる
装備できる武器 短剣
装備できる防具 帽子軽装鎧

ステータス

素早さ 体力 魔力
37 25 32 21

アビリティ

レベル アビリティ名 概要 能力補正 ABP
1 なだめる 魔獣系をストップ状態にする - 10
2 あやつる 敵を操って攻撃させる - 50
3 鞭装備 鞭を装備できる 力:37
素早さ:25
100
4 とらえる 敵を捕らえて放つ - 300

アビリティ詳細

なだめる
敵1体をストップ状態にするアビリティですが、効果があるのは魔獣系モンスターだけで、ストップ耐性を持つ敵には通用しません。持続時間も短いため、ストップや「あいのうた」を使った方がよほど有効です。
あやつる
モンスターを操って味方に付け、そのモンスターが持っている特殊攻撃を使うことができます。その敵が通常使わない技を使えることもあります。敵の強力な攻撃技を敵に対して使ったり、逆に回復・補助系の技を味方に対して使うこともできます。「ホワイトウインド」など、通常はこちらに使ってこない青魔法をラーニングする時に必要になるアビリティです。操った敵は物理攻撃を受けると解除されてしまうので、むやみに手を出さないようにしましょう。「あやつる」の成功率は通常は40%ですが、ヒュプノクラウンを装備していれば75%になります。
鞭装備
鞭を装備できないジョブでも鞭を装備できるようになります。鞭は後列からでも威力が下がらずに攻撃できる上、マヒやサンダーなどの追加効果が付いているため、意外と重宝する武器です。防御力の低いジョブでも安全に物理攻撃ができるようになります。
とらえる
弱らせたモンスターを捕らえて自分の配下に置き、「はなつ」コマンドで放ってそのモンスターの技を使うことができます。「あやつる」との違いは、捕らえたモンスターはそのバトルが終了しても捕らえたままであり、以降のバトルでも放てることです。1回放つとそのモンスターはいなくなるため、再び捕らえる必要があります。世界最弱のゴブリンも捕らえて放つとフレアを使うなど、捕らえることでしか使えないモンスターの技もあります。通常、「とらえる」は敵のHPを8分の1以下にしないと成功しませんが、コルナゴの壺を装備していれば2分の1以下でも捕らえることができます。

使いどころ

力がそこそこ高く、後列から鞭で攻撃できる魔獣使いは、モンスターを操るだけでなく、物理攻撃の要員としても使えます。装備できる防具の種類は少ないものの、後列に下げておくことでカバーできるでしょう。魔獣使いの醍醐味である「あやつる」や「とらえる」を成功させるためには、敵のHPをうまく操作する必要があります。

グラビガで割合ダメージを与える

敵を捕らえたい時に最も便利な方法は、時空魔法のグラビガを使ってHPを8分の1にすることです。これが命中すればその場で捕らえることができます。グラビデも3回使えばHPを8分の1にできます。青魔法の「レベル4グラビガ」も、レベルが4の倍数の敵ならば効くため、相手のレベルが分かっていれば有効な魔法です。

「デスクロー」で敵のHPを1桁にする

青魔法を使う場合は敵を瀕死にする「デスクロー」がおすすめです。成功率は若干落ちるものの、一撃で敵のHPを1桁にするため、すぐに捕らえることができます。

コルナゴの壺を装備する

ケルブの村の井戸でもらえるコルナゴの壺は、「とらえる」の成功条件を甘くし、敵のHPが2分の1以下で捕らえられるようになるアクセサリーです。これを装備していればグラビデを1回使うだけでも捕らえることができます。ただし、重いので必要な時だけ装備しましょう。

失敗した時のためにリターンを用意しておく

敵を操りたい、捕らえたいのに倒してしまった……という時は時空魔法のリターンが便利です。バトル開始時まで時間を戻し、再びチャレンジできます。出現率の低いモンスターを狙う場合におすすめです。