1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 吟遊詩人

吟遊詩人

ジョブ概要

入手場所

ジョブの特徴

ジョブ特性 -
オリジナルコマンド 歌う
装備できる武器 短剣竪琴
装備できる防具 魔法帽子ローブ

ステータス

素早さ 体力 魔力
16 32 15 35

アビリティ

レベル アビリティ名 概要 能力補正 ABP
1 隠れる 姿を消す - 25
2 竪琴装備 竪琴を装備できる 素早さ:32
魔力:35
50
3 歌う が使える - 100

アビリティ詳細

隠れる
バトルから一時的に姿を消し、敵や味方のあらゆる攻撃・回復を受けなくなります。竜騎士のジャンプ中と似ていますが、こちらは任意のタイミングで「現れる」を選ぶことにより姿を現すことができます。通常はあまり必要とされないアビリティですが、神竜など多くの攻撃方法を持つボスの行動パターンを確かめる場合などに、試験的に使ってみてもよいでしょう。
竪琴装備
竪琴を装備できないジョブでも竪琴を装備できるようになります。竪琴は基本的に割合ダメージのため、攻撃力の低いジョブでも使いやすいメリットはありますが、アビリティ枠を使ってまで装備する必要もないでしょう。アポロンのハープを使うにしても、二刀流や「みだれうち」ができないためにボス戦では不向きです。
歌う
歌を使えるようになるアビリティ。アンデッド系モンスターの多いダンジョンでレクイエムを歌えるようにしておくと便利です。力の弱い吟遊詩人が使いにくいと思う場合は、このアビリティを他のジョブに付けて歌いましょう。

使いどころ

吟遊詩人が使える歌のうち、敵に直接ダメージを与えられるのはレクイエムのみで、しかもアンデッド系モンスター以外には効果がありません。通常のザコキャラ戦では手持ち無沙汰になりがちなため、他の攻撃手段も用意しておきましょう。もちろん竪琴で攻撃することもできますが、アポロンのハープ以外は威力が弱く、あまり期待できません。

回避率を高めて歌い続ける

吟遊詩人の歌は敵から攻撃を受けると中断されてしまうため、回避率を高めておきたいところです。「盾装備」アビリティを使って盾を装備するか、ブリンクで分身状態にしておけば、物理攻撃でダメージを受けることが少なくなります。

弓矢や鞭で後列から攻撃

常に後列に下げておきたい吟遊詩人にとって役立つ武器は、やはり後列からでも通常通りの威力がある弓矢と鞭です。「弓矢装備」または「鞭装備」アビリティを使って装備すれば、力も補正されるため、吟遊詩人でもそれなりの攻撃力で物理攻撃ができます。

魔法アビリティを付ける

後列から攻撃する手段と言えばやはり魔法攻撃です。回復と補助に徹したいのであれば「白魔法」か「時空」、攻撃要員にしたい場合は「黒魔法」や「召喚魔法」を付ければよいでしょう。

「あやつる」で敵を利用する

物理攻撃には期待せず、「あやつる」アビリティを使って敵の技で攻撃するのも1つの手です。ただし吟遊詩人はヒュプノクラウンを装備できないため、成功率は40%止まりです。