1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 予言士

予言士

ジョブ概要

入手場所

ジョブの特徴

ジョブ特性 -
オリジナルコマンド 宣告
装備できる武器
装備できる防具 魔法帽子ローブ

ステータス

素早さ 体力 魔力
15 23 20 60

アビリティ

レベル アビリティ名 概要 能力補正 ABP
1 宣告 宣告一覧を参照 - 25
2 予言 予言一覧を参照 - 50
3 ABPアップ 獲得ABPが1.5倍になる - 150
4 てきよけ 敵の出現率が下がる - 300

アビリティ詳細

宣告
一定カウント後に敵や味方に特定の効果をもたらす技。MPを消費せずに使えるとはいえ、いずれもありふれた効果しかなく、しかも単体にしか使えません。「しのせんこく」は青魔道士でも使えますし、属性ダメージの宣告も黒魔法や召喚魔法の方が豊富です。発動までに時間がかかるデメリットも大きく、あまり役に立つとは言えません。
予言
MPの下1桁の数字で発動する効果が決まり、HPの下1桁の数字が大きいほど威力や確率が高くなるユニークな技。ダメージを与える効果は味方も受けてしまうものが多いため、使用に際しては注意が必要です。MPの下1桁が6や7の時に発動する回復効果を目当てに使うのがおすすめ。予言前にレベルを1~3の中から選ぶことになり、レベルが高いほど消費MPは 1 → 3 → 7 と多くなり、効果発動までのカウントは 5 → 4 → 3 と短くなります。
ABPアップ
バトル勝利後の入手ABPが1.5倍になるアビリティ。付けている仲間だけに有効です。それだけジョブレベルを上げるスピードが早まりますが、他のアビリティを外したためにバトルの効率が悪くならないように注意しましょう。アビリティ枠が3つあるものまね師には特におすすめです。全員のレベルが99になってあとはジョブをマスターするだけとなった場合も迷わず使いましょう。
てきよけ
敵とのエンカウント率を大幅に下げるアビリティ。次元の狭間のラストフロアや、EXダンジョンの安らぎの間など、長いダンジョンで無駄なバトルなしで目的地まで行きたい場合に役立ちます。むろんバトル中は何の役にも立たないので、目的地に着いたらすぐにアビリティを付け替えること。

使いどころ

GBA版で新たに追加されたジョブ。封印城クーザーで12の武器の封印をすべて解いた直後から入手可能です。

予言士の本分である宣告と予言は、はっきり言って実用性がなく、このジョブ自体が活躍できる場面は少ないでしょう。ただ魔力が召喚士をしのいで全ジョブの中で最も高いのが長所。これを活かして魔法攻撃に特化していくという使い方があります。

召喚魔法で全体攻撃

高い魔力を活かす場合、もともとの威力が高い召喚魔法がおすすめです。予言で味方もダメージを受けるくらいならば、MPを消費してでも確実に敵にダメージを与えられる召喚魔法の方がずっと便利です。全体魔法と単体魔法を使い分けたい場合は黒魔法でもよいでしょう。

ヘイストで宣告のカウントを早める

あえて宣告を使っていきたいのであれば、「時空」アビリティを活用し、ヘイストをかけてカウントの進み方を早める方法があります。味方に使って治癒の宣告を早めるのもよし、敵に使って死の宣告を早めてもよいでしょう。時空魔法ならば強力なメテオも使えるため、高い魔力を活かした全体攻撃もできます。