1. ホーム
  2. ジョブ
  3. 剣闘士

剣闘士

ジョブ概要

入手場所

ジョブの特徴

ジョブ特性 -
オリジナルコマンド 必殺
装備できる武器 短剣騎士剣弓矢
装備できる防具 軽装鎧

ステータス

素早さ 体力 魔力
50 38 27 10

アビリティ

レベル アビリティ名 概要 能力補正 ABP
1 てきよせ 敵の出現率が上がる - 30
2 必殺 必殺一覧を参照 - 70
3 後列斬り 敵味方の隊列を無視して攻撃 - 150
4 ぜんぎり 装備している武器で全体攻撃 - 450

アビリティ詳細

てきよせ
敵とのエンカウント率を上げるアビリティ。経験値やABP稼ぎ、青魔法や暗黒魔法を習得したい場合に役立ちます。経験値、ABPを稼ぐ場合は「EXPアップ」「ABPアップ」のアビリティも活用しましょう。
必殺
「失敗」「クリティカル」「エレメントアタック」のいずれかが発動する技。「失敗」は文字通り何も起こりませんが、「クリティカル」ならば2倍ダメージかつ防御力無視、「エレメントアタック」ならば9999の固定ダメージを与えることができます。「エレメントアタック」の場合は各キャラに属性が付き(必殺一覧を参照)、敵の弱点属性と一致すれば一撃で倒すことも可能です。ジョブレベルが上がるほど「エレメントアタック」の発動率は高くなります。攻撃力に関係なく9999ダメージを与えられるので、魔道士系などの非力なジョブでも問題なく使えます。
後列斬り
物理攻撃が隊列に関係なく通常通りのダメージを与えられるようになります。こちらが後列で敵も後列にいるような場合でも威力が下がらないため、防御を重視して戦いたい場合に便利なアビリティです。バーサーカーのジョブをまだマスターしていない場合は、これを付けて戦わせると安全に育成できます。
ぜんぎり
全体に対する物理攻撃を行えます。「たたかう」の全体バージョンですが、攻撃力は4分の3に低下します。敵の数が多ければ「みだれうち」よりもダメージの合計が大きくなりやすく、「二刀流」のすっぴんが発動すれば非常に強力な技になります。魔法剣ブレイクと併用すれば、耐性のない敵全体をまとめて石化することも可能です。

使いどころ

GBA版で新たに追加されたジョブ。封印城クーザーで12の武器の封印をすべて解いた直後から入手可能です。

モンクと同等で全ジョブの中で最強の力を誇り、さらに素早さも忍者並みに高い物理攻撃の王者です。必殺や全斬りの効果も絶大なので、次元の狭間やEXダンジョンでも大活躍できます。SFC/PS版ではナイトとすっぴんしか装備できなかった騎士剣を装備できるため、エクスカリバーやラグナロクといった攻撃力の高い武器も使えます。物理攻撃の威力を高めるアビリティを使い、攻撃の主力としましょう。

「二刀流」で2回攻撃

高い攻撃力を活かすためにもぜひ付けておきたいのが「二刀流」アビリティです。武器には重さがないため、単純に攻撃力が上位の武器を2つ選んで装備すればよいでしょう。二刀流で必殺で「クリティカル」が発動した場合も2回攻撃になります。一方、「エレメントアタック」の場合は装備している武器の数にかかわらず1回攻撃です。「エレメントアタック」1本に賭けて戦いたい場合は、別のアビリティを付けてもよいでしょう。

「魔法剣」で敵全体を攻撃

前述のように「ぜんぎり」は魔法剣の効果も発揮されます。魔法剣ブレイクの全体攻撃もさることながら、魔法剣フレアで攻撃力を大幅に高めれば強力な全体ダメージになります。また、弱点属性が共通している敵が複数出現した場合も、その弱点属性を突ける魔法剣で攻撃すれば、まとめて瞬殺できることがあります。